複合機などのOA機器に関することはこちらで!

オフィスにはさまざまな機器を導入・設置するのが普通ですが、その導入の仕方によっては業務に大きな違いが出てくる場合があります。それにOA機器は種類がとても多くあるので(たとえば複合機やコピー機、ビジネスフォン、パソコン、サーバー、ネットワークセキュリティーといったもの)、それだけ多くのことに気をつかわなければいけません。しかし、それらをひとつひとつ見ていくのは大変なので、ワンストップサービスを利用するようにしましょう。

そこで、今回は「QOOL」というサイトをご紹介します。こちらは、上記のようなオフィスで利用するOA機器をワンストップサービスで取り扱っているサイトです。複合機やコピー機、ビジネスフォン、パソコン、サーバー、ネットワークセキュリティーといったものの導入を考えている場合は、導入やリース審査、NTT手配、プロバイダー、オフィス仲介のサポートも行っている上記サイトの利用をおすすめします。また、独立開業や事務所増設、移転の際のサポートサービスも取り扱っているほどの充実ぶりです。

リースはOA機器を借りる契約のことを指しますが、購入ではないぶん、業界の知識が必須となります。よくわからず面倒という場合は、上記サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

No Comments

広告代理店はどうして必要なのか?

広告を出すときには広告代理店が必要になります。
正直、直接広告を出すことができれば手数料を払わなくても済みますし、広告料金を安くすることができますので広告代理店は必要無いように感じてしまいます。
でも、実際には広告代理店を通さないと広告を出せないというケースも多く、その存在は非常に大きいです。

広告代理店を通さないといけない理由は、広告に使うスペースを提供している企業が広告代理店にお願いしているからということがあります。つまり、スペースを提供している企業が、スペースを有効に活用するために広告を出してくれる企業を見つけてほしい、と広告代理店にお願いします。広告を出したい企業を広告代理店が見つけてきたら、その代理店に手数料を支払うという仕組みになっています。
こうやって見ると広告を出したい側にとっては広告代理店の存在は必要無いように見えても、広告のスペースを与えている側にとっては非常に重要な存在なようです。

広告を出すときにはどこにどういった宣伝を行えばいいのかという戦略が大事になります。
広告代理店は広告に関して多くのノウハウを持っています。広告代理店にお願いすると手数料がかかりますが、広告は広告のプロである代理店に任せ、本業に専念することができます。

No Comments
Rss Feeds